脇毛処理の危険性!脇もワックス脱毛?
2019/12/04 新宿店

脇毛って本当に厄介ですよね…。体の毛で1番最初にお手入れする箇所の上位に君臨し続ける「脇毛」皆さんはどのように処理していますか?毛が無くなると気が付く「脇の黒ずみ」に悩んだりしていませんか?ひとつ脇毛処理の参考に、ちょこっと読んでみて下さい。

 


脇の肌が黒ずんでしまう原因は大きく分けて2つあります。1つは[メラニン色素の沈着]です。まずなぜ日に当たらない脇が色素沈着してしまうのかと言うと、腕を動かす時に脇が衣服で擦れたり、カミソリ処理で刺激を受けて黒ずんでしまうのです。衣類の摩擦は仕方にしても、カミソリ処理のダメージは減らしたいものですよね…。

もう1つは[皮脂や古い角質汚れ]です。脇の下にはたくさんの汗腺が集まっているので、体の中でも最も汗をかきやすく皮脂の分泌も多い部位です。汗をかいたまま放っておくと、蒸れて雑菌が繁殖したり、皮脂や汚れが溜まって毛穴のつまりを引き起こすことで黒ずみになることがあります。まずは毛をどかし、肌に直接スクラブをあてて肌ケアすることが大切です。

 

ワックス脱毛脇の施術後イメージ

 

脇毛自己処理の危険性


脇毛は比較的自己処理で済ます方が多い部位かと思われます。ですが、カミソリや除毛クリームなどの自己処理は肌を傷つけてしまい、肌トラブルに繋がる危険性があります。まず、カミソリでの処理は毛だけではなく、実は皮膚の表面も同時に削ってしまっているんです。そのため肌への負担が大きく、出血や乾燥・肌荒れなどのトラブルの原因となります。

 

剃毛処理イメージ画像

 

次に除毛クリーム。除毛クリームは毛を溶かして取り除く方法です。アルカリ性のクリームを肌に塗布して数分放置すると毛が溶けてきます。注意していただきたいのは、これで完全に毛が取り除けるわけではないということです。脱毛クリームの効果があるのは、表皮より外側に出ている毛だけです。毛根や、肌に隠れている部分の毛まで取り除くことはできません。また、人の肌は弱酸性のためアルカリ性のものを塗布するとお肌のバランスが崩れてしまい、こちらも肌荒れや炎症の原因となってしまいます。

 

脱毛後の肌ケアイメージ
   
予約フォーム

 

脇毛ワックス脱毛
メリット


ワックス脱毛は剃毛や除毛クリームよりお肌への負担が少ないです。そして毛と一緒に不要な角質も取り除かれます。これをソフトピーリング効果と呼びますが、そのため肌がツルツルになり、ワントーン明るいお肌になります。黒ずみがちな脇のお手入れに最適なのです。カミソリで処理したときのような黒いブツブツもなく、きれいな脇へと変わります。個人差はありますが、ワックス脱毛処理を繰り返すごとに毛根が弱くなっていきます。毛根が弱まることで結果的にだんだん毛が細くなったり薄くなったりします。またカミソリなどの自己処理に比べて毛が再生されるまでに時間がかかるので、生えてくるスピードも遅く、1回の脱毛効果を長く実感できます。これだけのメリットがあるのなら、痛みにも耐えてでもワックス脱毛をする価値はあるのではないでしょうか。試してみる価値は十分にあります!

 

ワックス脱毛脇の施術風景

 

事前準備と施術について

では今日ワックス脱毛をしよう!と言っても、少し下準備が必要です。ワックス脱毛は最低でも毛の長さが5mm以上ないと施術することができません。最低でも2週間以上は自己処理を控えていただき、毛をしっかり伸ばした状態で来店ください。伸びきっていればいるほど、仕上がりは綺麗になり全体の毛が伸びるまでも時間がかかり、効果が長持ちします。脇の施術は、最初に仰向けの状態で手前側の腕を上げていただき施術を行っていきます。片側が終わったら横向きになっていただき、反対側も行っていきます。脇は皮膚が敏感な箇所となりますので赤みが強く出る可能性があります。当店ではお仕上げに鎮静ジェルとパウダーを塗布をし、なるべく施術後のトラブルを回避できるよう務めています。