自宅でワックス脱毛
メリット・デメリット


ワックス脱毛は雑誌などの影響もあり、人気のある脱毛方法として近年認知度を広げています。サロンでも行うことが出来ますが、エステサロンやクリニックと違いワックス剤など必要な物を用意することで自宅で手軽にセルフ脱毛をすることも可能です。これからセルフ脱毛のメリット・デメリットについて説明していきます。

 

セルフワックス(自分で)脱毛をするメリット

 

1  VIO脱毛の恥ずかしさがない!

ワックス脱毛は全身の脱毛が可能ですが、主にVIOの脱毛方法としてブラジリアンワックスをやられる方が多いかと思います。他人にVIO(アンダーゾーン)を見られるのは少し恥ずかしい、抵抗がある。という方もいらっしゃいますよね。自分で脱毛をすることで恥ずかしさもなく行うことができます。

 

 

2  費用が抑えられる!

VIO脱毛を1回サロンで行おうとすると7000円ほどの費用がかかります。セルフで行う場合はワックスも手作りしたとすると1回1000円以下の費用で行えますので、とてもリーズナブルと言えます。施術道具を集めないといけないのが少し面倒かもしれませんね。

 

 

3  いつでも脱毛可能!

サロンで行う場合ですと予約を取らなくてはいけませんが、自分でやる場合には必要な物さえあればいつでも行うことができます。通う手間もなく、自宅で好きな時間に自分のタイミングで行えるのはとても楽ですよね。

 

 

 

 

セルフでワックス脱毛をするデメリット

 

1  施術が難しく、慣れるまでは失敗しやすい

ワックス脱毛は技術が必要な脱毛方法になります。毛流れに添ってワックス剤を塗り、逆方向に一気に剥がします。剥がすスピードも速すぎると毛根から抜けず切れてしまい、遅くするとかなりの痛みを伴います。毛の長さが短すぎても綺麗に抜けず、毛が長すぎても余計な毛にワックスが絡んでしまい、必要以上に痛い思いをしてしまいます。ワックス脱毛は毛根から毛を抜いているので少なからずお痛みを伴います。自分で痛いと分かっていながら剥がすとなると躊躇してしまい、その結果綺麗に抜けなかったり、中途半端に痛い思いをしてしまうことになります。

 

 

 

2  皮膚トラブルが起きやすい

アンダーゾーンは他の部位に比べて皮膚がとてもデリケートです。だからこそ、慎重に行わないと皮膚トラブルを招いてしまいます。引っ張る時に躊躇してしまうとアザができたり、内出血になる可能性があります。お肌が乾燥した状態で脱毛を行うと毛と一緒に皮膚まで剥がれて剥離してしまったり、温度の高いワックスを塗布して火傷してしまったり…。他にも出血や毛穴の炎症など、起こりうるトラブルが多くあります。

 

 

 

 

3  箇所によっては施術しずらい

腕や脚などは簡単に行えるかと思いますが、アンダーゾーンのIラインやOラインとなると色々と体勢を変えてみても全てを見るのは難しく、自分で施術するのはとても大変です。見えないまま施術をした結果、上記のように皮膚トラブルや取り残しがあり仕上がりが綺麗にでないことがあります。

せっかく脱毛したのに、取り残しがあるのは残念ですよね。

 

 

 

 

セルフのワックス脱毛は、リーズナブルで自分の好きなタイミングで行うことができますが、その反面、お肌のトラブルが起こる危険性やコツが必要だったりとデメリットも多くあります。仕上がりの出来、安全性を考えると、脱毛サロンで行うほうがオススメです。