知っておいて!
永久脱毛の落とし穴

雑誌や広告でよく見かける永久脱毛ですが、みなさん永久脱毛と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?脱毛が完了すれば完全に生えてこなくなる、と考えている人は多いかと思います。『永久』にムダ毛が生えてこなくなれば、日々の処理をする手間も省けますし、生えたてのチクチク感ともおさらばでき、ストレスフリーで快適になります! しかし永久脱毛をするにあたって、本当に永久的に毛が生えてこなくなるのか、お肌に影響はないのかなど、様々な疑問が出てきますよね。そういった疑問も含めて永久脱毛についてお話します。

 

 

永久脱毛は生えてこなくなる?

永久脱毛は主に医療レーザーを使っています。

永久脱毛は一生毛が生えてこないと思っている方が多いですが、実はその認識は間違いです。クリニックなどで謳っている『永久脱毛』は永久的に毛が生えて来なくなると言う意味ではないのです。永久脱毛の『永久』とは ”脱毛完了後1ヶ月経った時点で、2割以下まで毛が生えてこない状態を永久脱毛” と定義されています。実際にツルツルになった、毛がなくなった、という方もいるので個人差はありますが、完全に毛がなくなる事をイメージしている方は、少しがっかりですよね、、、とはいえ2割以下まで毛が生えてこなくなる訳なので、VIOに関しては、Vラインまで全て毛を無くすオールオフか、またはVラインの毛を少し残すのか、という点でも悩みどころです。

 

 

お肌へのダメージ

お肌が弱い人やアトピー肌の人にとってはお肌のダメージが心配ですよね。医療レーザーで行われる永久脱毛は、普段カミソリや除毛クリームなどで自己処理することに比べるとお肌へのダメージは少ないです。レーザー脱毛を行えば、自己処理する頻度も減り、むしろお肌が弱い人にはオススメできます。

 

しかし、どんな脱毛方法でもアフターケアは大切ですので、いつも以上にお肌をいたわってあげてください!また効果をだすためには日焼けしないこと、乾燥させないことが大切になってきます。日焼けして炎症を起こしたり、黒くなりすぎると施術することができない場合があります。そして乾燥していると毛が抜けにくくなり、埋もれ毛や毛嚢炎になってしまうと、そこの箇所が施術できなくなります。

 

レーザー脱毛って痛くないの?

医療レーザーの痛みですが、一般的には『輪ゴムでバチンッと弾かれた痛み』と言われています。ですが実際は痛みの感じ方は個人差が大きく、例えがしにくいものです。せっかく綺麗になろうと決心しても、痛みが耐えられず中断してしまったら勿体ないですよね。痛みがあると言っても、部位によっては全く痛みを感じない箇所があれば、強い痛みを生じる箇所もあります。

 

→痛みはほとんど無いが、眩しさを感じる

背中→毛が薄く、皮膚も厚いため、痛みはほとんど無い

腕・脚→毛根が浅く、痛みはほとんど無い(肘、膝は皮膚が薄く骨に近いため、痛みを感じやすい)

VIO→毛根が深く、粘膜や骨に近いため痛みを感じやすい

→毛根が深く、骨に近いため痛みを感じやすい

 

このように医療レーザーによる永久脱毛には、個人差はありますが痛みを伴う場合があります。

 

 

 

永久脱毛が完了するまでの期間

脱毛が完了するまでどのくらいの期間通えばいいのでしょうか。一般的に1回の施術時間は1時間~2時間です。それ以上時間をかけてしまうとお肌に大きなダメージを与えてしまう恐れがあるからです。それを月に4回2~4年という長い年月をかけてゆっくり脱毛を行っていきますまた部位によってもかかる時間が変わってきます。毛は成長しては抜けて、また生えてくるというサイクルがあり、このサイクルの期間は部位によって違うため、同じ時期に脱毛を開始しても、部位によってなかなか終わらない、ということがあるのです。

 

 

さらに脱毛効果があるのは、毛が成長している最中なので、その他の時期に行っても意味がなくなります。ですので、毛の成長に合わせて脱毛を進めることが重要になってきます。脱毛の効果も、毛質や毛の太さによって変わってくるので、人によっては長い期間通わなければいけないこともあります

 

 

 

永久脱毛をするにあたって知っておきたいポイント

 

・永久脱毛=完全にはなくならない

・施術後は日焼けしない、乾燥させない

・施術完了までの期間は人それぞれで、だいたい2~4年はかかる

・成長期の毛に作用するため、一度に全ての毛を脱毛することができない