ブラジリアンwaxと
wax脱毛の違い

昔はブラジリアンワックスと言っても、「何それ?」「どういう脱毛方法なの?」と、ブラジリアンワックス脱毛自体を知らない方も多くいらっしゃいました。今ではテレビや雑誌などでも多く取り上げられ知名度が上がり、男性・女性問わずに多くの方が実際にブラジリアンワックスを経験しています。ブラジリアンワックスをやっている!と自ら公言しているスポーツ選手や芸能人の方もいらっしゃいますよね!昔よりも耳にすることが多くなりましたが、ブラジリアンワックスとワックス脱毛の違いはご存知でしょうか?「この前顔をブラジリアンワックスしてきた!」この言い方、実は間違っているんです。何が間違っているのか、お話していきますね!

 

 

 

まず。ブラジリアンワックスもワックス脱毛も、同じ脱毛方法です。毛を無くしたい部分にワックス剤を塗り、ワックスが乾いたら(もしくはワックスペーパーを使用して)一気に毛根から剥がします。すると、毛根から抜き取っているので、一切毛のないつるつるのお肌を手に入れられます。毛の周期に合わせて、1か月半から2か月ほどのペースで続けていくと、毛の量が少なくなったり、生えてくるのが遅くなったりと効果が見受けらるのも同じです。

 

 

 

 

では他に、何の違いがあってブラジリアンワックスとワックス脱毛の言い方を使い分けないといけないのでしょうか。それはずばり、施術する場所(施術部位)です!ブラジリアンワックスとは、ワックス剤を使用してVIO(アンダーゾーン)の脱毛を行うことを指します。ワックス脱毛とはワックス剤を使用して行う全身の脱毛のことを指します。「ワックス脱毛をした。」と言っても、VIOの脱毛とは限りません。腕や脚を脱毛した可能性があります。しかし、「ブラジリアンワックスをした。」と言うと、VIOの脱毛をした。という意味になります。なので、最初にお話しした、「顔をブラジリアンワックスしてきた。」という言い方は間違っていますよね。この場合は、「顔をワックス脱毛してきた。」という言い方にしないといけません。

 

 

 

 

間違った言い方をしている方がいたらぜひ教えてあげてください(^^)正しい使い分け方を知っていると、間違った言ます。もちろんQueen’sWaxスタッフのほとんどが、ワックス脱毛ならブラジリアンワックスをお勧めするかと思います。