自宅とサロン
ケアの違い

皆さんは、日頃からお肌のケアはしていますか?洗顔後に化粧水や乳液、美容液と、お顔のケアは毎日している方がほとんどかと思われますが、腕や脚などボディのケアは怠りがち。ワックス脱毛後の肌ケアはとっても重要で、脱毛後はお肌が乾燥しやすくなるので保湿のケアは欠かせないものとなります。また、デリケートゾーンとも言われるVIO(アンダーゾーン)はお肌が敏感なのでとくにお顔と同様、ケアをして頂くことをお願いしております。では具体的にどういったケアをしたらよいのかご紹介します!

 

 

自宅で出来る肌ケア

 

まず、何と言っても保湿のケアを一番にしていただきたいのですが、お家で出来る簡単な保湿ケアといえば保湿クリームを塗ることです。ワックス脱毛は毛根から毛を抜いているため、少し毛穴が開いた状態になっています。施術後数日間は油分の多いボディークリームやオイルを使用するのはNGです。開いている毛穴の中に油分がつまってしまい、ニキビや肌荒れの原因になります。ワックス脱毛後のお肌はデリケートですので、デリケートゾーン専用、または、VIOにはアンダーゾーン専用の保湿クリームを使用して頂くことをオススメします。

 

 

保湿クリームはお風呂上りにサッと塗って頂くだけでOKです。先程も言ったように、ワックス脱毛後はお肌が乾燥しやすいので、最低でも脱毛後の1週間は欠かさず保湿クリームを塗ってあげましょう。時間に余裕があるようなら、朝もサッと塗ってあげるといいですね!

 

スクラブでお肌をスベスベに!

 

次にワックス脱毛後の肌ケアとしてしてもらいたいのが、スクラブでマッサージをすることです。スクラブで肌表面の古い角質を取ることで、お肌が柔らかくなり埋もれ毛の予防に最適です◎もちろん角質の取れた新しい肌は肌触りがとってもツルツルになります。

 

〜スクラブを使用する際の注意点〜

・力強くゴシゴシしない

・ワックス脱毛後のお肌には、デリケートゾーン専用のスクラブを選ぶ

・スクラブを使用した後は保湿を必ず!





 

アンダーゾーンには専用のソープを

 

身体を洗う時に使うボディソープで、VIOも一緒に洗っている人も多くいらっしゃるかと思います。VIOはお肌がとてもデリケートな部分なので、洗顔料で顔を洗うのと同様、VIOにも専用のソープを使用するようにしましょう。VIOの臭いや黒ずみ、毛質などのお悩みがある人は、ソープを変えると改善がみられるでしょう!


 

 

サロンだから出来るケア

 

お家でやってほしい日々のケア方法のご紹介をしましたが、Queen’s waxでは、更にプラスとしてお家ではなかなかできない 肌ケアメニューを揃えています。ピールオフパック や シートパック、イオン導入など、施術後にできる肌ケアメニューはリピーター様に大人気なんです。

 

 ピールオフパック 

 

ピールオフパックとは、保湿や美容効果を得たい箇所に塗って、固まったら剥がすパックのことです。泥パックのようなものを想像して頂くと分かりやすいかと思います!ピールオフパックは、密閉することで肌の奥まで美容成分を届けることが可能です。Queen’sWaxでは水分を逃がさないよう、ラップで覆って15分ほど放置し浸透させていきます。

 

 

ピールオフパックが可能な箇所は、【顔・脇・Vライン(女性はIラインまで可能)・胸・お腹・ヒップ・背中】の7箇所です。また、ピールオフパックはブライトニングアンチエイジングの2種類からお選びいただけます。ブライトニングは、肌のくすみや黒ずみを無くし、お肌を本来の明るさに戻してくれる効果があります。肌のトーンアップが期待できます。アンチエイジングはハリやツヤを補ってくれるものです。たるみが気になる方にもおすすめです。

 

 

 シートパック 

 

美容成分のたっぷり入ったシートを気になる箇所に貼り付けて10分ほど放置し浸透させていきます。施術後の赤みが気になる方や痒みを感じやすい方は施術直後のパックがオススメです。もちろんお肌が乾燥しやすい方や、色素沈着が気になっている方にも。シミやそばかすの予防にも効果的です。


 

 

イオン導入 

 

お肌に微量の電気を流し、表面のバリア機能を一時的に弱めることで、お肌のより深いところまで美肌成分が浸透するよう誘導します。手やコットンで美容液やクリームを塗るのに比べて、数十倍の浸透力があるといわれています。

 


 

皆様それぞれお肌に関するお悩みをお持ちかと思いますが、日々のケアにプラスしてサロンでできるスペシャルケアを行ってみてはいかがでしょうか。ワンランク上のお肌に導いてくれますよ!