ブラジリアンワックス
施術中の体制は?


ブラジリアンワックスだけでなく、光脱毛やレーザー脱毛なども含め、脱毛自体経験が無い方はまだたくさんいらっしゃるかと思います。普段から自己処理をしている方は、誰かに毛の処理をしてもらうという行為に抵抗があったり、羞恥心があったりするものです。
そんな方へ向けて、今回はどのように施術をしているのかをご紹介いたします。

 

 

 

VIO施術時の着替えの方法

Queen’sWaxではVIOの脱毛をされる方がほとんどです。その場合はどうしてもお下着を含めお召し物を下半身全てお脱ぎいただいております。そして施術箇所+5センチはお肌を出して頂きます。万が一お洋服にワックス剤が付いてしまったら、大変です!中には紙ショーツなどの準備があるサロンもありますが、脱毛していくにあたって、ずらしながらの施術にはなりますが結局のところ紙ショーツがあったとしても陰部があらわになってしまうものです。一本の毛も残らずきれいに脱毛するためにはやはりお下着まで全てお脱ぎいただくのが理想です。Queen’sWaxはどの店舗も個室空間になっています。お着替えしていただく間はスタッフも外へ出ますので安心してお着替えしていただくことができます。また各部屋には清浄綿のご用意があります。お手洗いにはもちろんウォシュレットもございますので、施術箇所が気になる場合はご利用いただけます。

 

 

 

 

Vラインの施術時の体制

お着替えが完了致しましたら施術です。まずはVから施術をしてまいります。Vの施術時はベッド上に仰向けで足を軽くひらいた状態で行ってまいります。

 

Iラインの施術時の体制

Iラインの施術時にはVラインの施術時の状態から片足の膝を一度曲げて立てていただき、そのまま外側へ倒して、片足がくの字の状態になる体制をとっていただきます。かえるのように両足をひらくということはございません。右側の施術が終わりましたら、右足を戻して頂き左側の施術をというように片側ずつ施術をしてまいります。片側ずつの施術のため恥ずかしさも軽減すると考えております。また、股関節のかたい男性やどうしてもくの字の体制がお辛い方には足をベッド幅まで大きく開いていただきVの施術時同様足を伸ばした状態で施術することも可能です。お膝の下にクッションを置くことも可能です。

 

Oの施術時の体制

Oの施術時はうつ伏せになっていただきます。そのままベッド幅に足を開いていただき片側ずつ施術をしていきます。妊娠されている方やうつ伏せの体制に圧迫感を感じる方には横向きでの施術も可能ですのでご安心ください。横向きの場合は下の足はまっすぐに伸ばしていただき、上の足のお膝を胸元まで引き寄せるように曲げていただきます。この場合でも片側ずつ施術をしてまいりますので、片側の施術が終わりましたら反対向きに体制を変えて頂いております。

 

 

 

お着替えの必要がない施術時

Queen’sWaxでは全身のワックス脱毛が可能です。お身体の脱毛はもちろん、フェイシャルのワックス脱毛も承っております。フェイシャルの施術時にはお着替えの必要はございません。お召し物を着用になったままで施術をしてまいります。大人気の鼻毛や耳毛の脱毛時も基本的にはベッドにお休みなっていただき施術をしてまいります。座ったままの施術は行っておりません。鼻毛の脱毛時は仰向けの体制で、耳毛の脱毛時は横向きでの体制をお願いしております。

 

 

 

 

脱毛が終わった後は

脱毛後のお肌は毛穴が開いた状態で雑菌が入りやすくなっております。また敏感な状態でもあるので、脱毛後はしっかりと沈静ジェルやパウダーでお肌のケア、保護をさせていただきます。さらにしっかりとしたケアをご希望の方には美容液や保湿クリームを使用したメニューや、シートタイプのパック、ピールオフタイプのパックのケアも可能です。

 

 

 

 

恥ずかしさから脱毛に踏み込めないという方、誰かに毛の処理をしてもらうことに抵抗のある方、はじめてのことには不安や心配ごと、緊張はつきものですが安心して一歩踏み出してみてください。きっともっと早く脱毛していればよかったと思っていただけます。

 

ご不明点等ございましたらお気軽にスタッフにお声掛けください。